三菱電機 形彫放電加工機 SV12Pを導入しました.

 

三菱電機初のAI・IoT技術を搭載した、高精度形彫放電加工機【SV12P】を導入いたしました。

AIによる加工条件の最適化や加工時間見積り機能や、IoTによる遠隔監視を利用することで三菱電機との最適化条件の共同構築が可能となりました。

このクラスの機械では三菱電機として初の高精度仕様機ということで、型番の末尾が「P」になっております。

加工精度向上はもちろん、加工速度も飛躍的に向上しており今後の活躍が期待できます。

2018年11月26日